西川食品 > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和53年 1月 食品(主にお総菜)製造販売業として(有)西川食品を設立。
昭和54年 3月 仕出し部門を設立。
昭和55年 2月 山部農協購買部に総菜テナントとして入店。
7月 富良野農協購買部に総菜テナントとして入店。
昭和62年 7月 中富良野農協購買部に総菜テナントとして入店。
昭和63年
4月
北海道情報処理専門学校、旭川福祉専門学校の
男子学生会館を東川町に設立。
平成 2年 11月 上富良野農協購買部もとまち店に総菜テナントとして入店。
平成 3年
12月
富良野農協フォレスト店におかずの店「惣吉」として
テナント入店。
平成 5年 12月 富良野市花園町に西川食品新社屋落成。
平成 9年
4月
河東郡音更町、スーパーセンターO・K店に味工房にしかわ
(レストラン・ファーストフード)テナントとして入店。
平成10年 7月 コープさっぽろ市民生協富良野店に総菜テナントとして入店。
11月
帯広市稲田町、イトーヨーカドー帯広店
2階に四季の恵(レストラン)テナントとして入店。
平成11年 12月 富良野協会病院職員の調理業務受託。
平成12年 6月 富良野市高齢者配食サービス事業受託。
平成13年 2月 富良野フォーレストに四季の恵(レストラン)テナントとして入店。
3月 農業体験者滞在施設(富良野市)の調理業務受託。
平成14年 12月 味の時計台 旭川大雪通り店(フランチャイズ)開店。
平成15年 7月 味の時計台 士別店(フランチャイズ)開店。
8月 養護老人ホーム「富良野市寿光園」給食調理業務受託。
平成18年   中富良野町立特別養護老人ホーム「こぶし苑」給食調理業務受託
中富良野町立病院 患者等給食業務受託
平成19年   南富良野大乗会 知的障害授産施設「こざくら園」給食調理業務受託
平成20年   北海道学校給食指定工場として富良野学校給食センターに配給開始
味の時計台旭川末広店(フランチャイズ)開店
味の時計台旭川宮前店(フランチャイズ)開店
南富良野大乗会 知的障害更生施設「からまつ園」給食調理業務受託
新生会 知的障害授産施設「希望学園」給食調理業務受託
富良野協会病院 患者等給食業務一部受託
平成21年   富良野ゴルフコース レストラン「オウル」
新富良野プリンスホテル内 炭焼処「きたぐに」入店
富良野スキー場 レストラン「ダウンヒル」受託
平成22年   南富良野大乗会特別養護老人ホーム「ふくしあ」給食調理業務受託