西川食品 > 給食受託事業 > 体制

体制

西川食品は医療や福祉、あらゆる施設において「食のリノベーション」を進めています

革新のクオリティー

食のサービスを提供する企業にとって、最重要課題である「安全管理」に、「おいしさ」と「栄養管理」を合わせたハイクオリティーな事業戦略を実施しています

運営システム刷新

<安全衛生管理システム>

安全性の高い食事を提供するため、「清潔・迅速・加熱」を衛生管理の3原則として食材保証や厨房施設などに安全基準を設けた、安全衛生管理システムとしています。

<健康的な栄養バランスシステム>

利用者層を充分に考慮したメニューレシピの作成から栄養価の分析、さらに食事提供時には、栄養バランスを表示するなど「健康とおいしさ」をアピールいたします。

<厨房運営改善・技術向上システム>

運営スタッフの定期的な教育や、受託管理責任者による支援体制の整備により、厨房施設のサポート体制も万全です。